元美容師直伝!髪の毛がパサパサになった時の解決法

Contents

髪の毛がパサパサになる原因

髪がパサパサになってしまうと、髪がうまくセットしにくくて大変ですよね?

「何もしていないのに…」と思っていても、じつはパサパサになる原因を無意識にしているかもしれません。

どのような原因でパサパサになるのかを紹介するので、自分がそんなことをやっていないか当てはめてみてくださいね。

髪をしっかり乾かせていない

女性の場合はとくに髪が長くなってくると、髪を乾かす時間がかかってしまいます。

そして乾かすこと自体が面倒になっていないでしょうか?それがパサパサにしている原因かもしれません。

髪が濡れている状態だと、キューティクルは開いた状態になります。しかしそれを乾かすとキューティクルが閉じてサラサラになるわけです。

じゃあ自然乾燥でも大丈夫!と思っている人は大間違い!キューティクルは「うろこ状」になっていて、開いたまま長時間置いておくと摩擦ではがれてしまいます。

はがれたところのキューティクルは、乾燥して閉じたとしてもきれいに閉じることができません。だからパサパサになってしまうわけです。

短い期間でカラーやパーマをしている

女性は髪が命とよく耳にしますが、パーマやカラーなどでおしゃれな髪型にすることをすごく大事にしています。

ですが、それを過剰にしすぎてしまうと髪の毛がパサパサになります。それは薬剤を使うことで髪の毛は「アルカリ性」になるからです。

髪の毛の本来の状態は酸性。髪の毛に正反対であるアルカリ性のものが付くと、キューティクルが開いて、薬剤が浸透しやすい状態になるからです。

しかしそれを頻繁にしているとキューティクルが壊れてしまい、キューティクルが閉じたきれいな状態を保てなくなってしまいます。

パサパサな状態を戻すには、髪の毛を酸性に戻すヘアケアをしたほうがいいでしょう。

体調不良などで血行が悪い可能性

髪の毛は死んだ細胞といわれていますが、栄養が届いていないとパサパサになってしまうこともあります。

栄養を届けるには血液が必ず必要!育毛剤の成分の中でも血行促進効果が大切といいますが、髪の毛だって同じです。

それをどうすれば解消できるのか?それは血行をよくする食べ物をとるような食生活や、生活習慣などを見直すと解消することができます。

体調が悪いのを治すことも重要ですが、血行がよくなると改善されることもあるので、そのあたりは様子をみましょう。

髪の毛がパサパサの時に自宅ケアで改善する方法

死んだ細胞と言われている髪の毛を、元に戻せないのではないか?そう思っている人は安心してください。

原因に合わせて対処をすれば、自宅でもケアすることができます。むしろ自宅でする方法を知っていれば毎日実践できるので、解消するのが早くなります。

その方法を紹介するので、挑戦してみてくださいね。

洗浄料が弱いシャンプーに変える

パサパサになっている原因のひとつ。それは使っているシャンプーを間違えている可能性があります。

洗浄力の強いシャンプーを使っていると、髪に必要な脂分がとれている可能性大。洗浄力の弱いシャンプーに変えることをおすすめします。

使っているものがトリートメントなのかチェックする

トリートメントとコンディショナーを、間違えて使っている可能性もあります。

コンディショナーは膜を作るだけで補修機能がありません。トリートメントなら中まで浸透してパサパサの解消に必要な保湿までしてくれます

もしコンディショナーを使っているなら、トリートメントに変えてみましょう。それだけでもパサパサを解消できるかもしれませんよ。

髪をしっかりドライヤーで乾かす

髪を乾かすことは、キューティクルをきれいにするために必要なこと。ダメージをおさえる役割があります。

キューティクルがきれいに閉じてくれるだけでも、パサパサになるのを防いでくれます。

水分が少しくらいなら残っても大丈夫なので、乾かす習慣をつけましょう。

高温でアイロンを使わない

髪の毛のセットに便利なヘアアイロンを使っている人は、高温の設定のまま使っていないでしょうか?

髪の毛の主成分はたんぱく質。炒り卵をイメージしたらわかりやすいです。高温の場所に卵をかき交ぜていると、パサパサになってしまいますよね?

髪の毛も同じ成分からできているので、高温のアイロンを使っているとパサパサになってしまいます。

もちろんストレートアイロンでも同様で最初はまっすぐでも、すぐに広がってしまうわけです。

設定温度を低くするだけでも、パサパサになるのを防いでくれますよ。

髪の毛がパサパサの時に美容室で改善する方法

髪のプロである美容師さんに相談することも、パサパサを解消する近道。美容室に行くといいでしょう。

実際に髪の状態を見てもらうと、自分ではわからないことも美容師さんならわかってしまいます。あなたに合ったメニューを提案してくれますよ。

トリートメントのメニューを受ける

自宅で行うトリートメントと美容室でしてもらうトリートメントは、やっている内容が全然違います。

使っているトリートメントも違いますが、加湿や加温なども行って自宅ではできないこともやってくれます。

使うトリートメントは髪に合ったものを選ぶので、パサパサを解消するのが早いですよ。

カラーは根本だけを染めてもらう

本来であればパサパサになっている状態で、カラーをするのはあまりよくないのですが、どうしても根本が気になってしまいますよね?

髪がパサパサになっているのは、髪の毛の先端部分の毛先。髪の毛が生えて間もない根本付近は、意外にパサパサになっていません。

どうしてもカラーをしたときは、根本だけ染めるようにしましょう。もちろん美容師さんはそのことを知っています。

美容室に予約する段階でそのことを相談しておくと、対策なども考えて準備してくれますよ。

育毛に強い美容室に通うと改善しやすい

意外に知られていないこと。それは育毛と髪のパサパサが関係していることです。

髪の毛がパサパサなのは、頭皮の状態もよくないことがあります。

頭皮のダメージのことを考えて刺激の少ない施術をしてくれるのも、育毛に強い美容室の特徴。パサパサをおさえることが自然にできるわけです。

もちろん育毛に強い美容室は、髪の毛の知識も豊富。育毛に強くなるためには、髪の毛のことを知っておかないといけないからです。

髪の毛がパサパサなら、美容室を変えるという手も考えておきましょう。

髪の毛がパサパサな時におすすめのシャンプーはこれ

今あなたが使っているシャンプーは、どのようなものでしょうか?パサパサにしているのは、そのシャンプーの可能性があります。

シャンプーを変えるだけでも解消されることもあるので、おすすめのシャンプーやその特徴を紹介します。

チェックすべきアミノ酸の成分

入っている成分でチェックするものは

  • グルタミン酸
  • メチルアラニン
  • ココイル などです。

シャンプーは頭皮の汚れを落とすためのもの。要するにパサパサの原因は洗浄成分が影響しています。

洗浄力が強い成分が入っているシャンプーを使っている人は、必要な脂分が落とされてパサパサになっているわけです。

パサパサを解消したい人は、アミノ酸シャンプーにしましょう。とくにおすすめなのは「ココイルグルタミン酸TEA」が入っているもの

洗浄力が弱いだけでなく保湿効果もあるので、この成分のシャンプーを探すといいでしょう。

チェックすべきオイル系の成分

シャンプーの成分に下記のような成分が入っているものは髪がしっとりしますよ。

  • ホホバオイル
  • シアバター
  • 馬油 など

髪がパサパサなのは髪が乾燥していることも原因のひとつ。オイルの入っているシャンプーを使うと保湿されてパサパサをおさえてくれます。

しかし自然由来のオイルが入っていないと頭皮に悪い影響が…。だからこそ天然成分のオイルシャンプーを使いましょう。

とくにおすすめはホホバオイル。しっとりし過ぎない自然なしっとり感を出してくれます。

パサパサの髪にオススメのシャンプーはコレ

髪がパサパサして困っている人におすすめのシャンプーは、uruotteアミノ酸シャンプー。アミノ酸が入っている上に、ホホバオイルも配合しています。

さらにココイルグルタミン酸TEAというアミノ酸は、洗浄力が弱いだけでなく保湿効果があるため、パサパサな髪には相性抜群。2重に効果を上げてくれます。

髪の毛がパサパサの人におすすめのトリートメントはこれ

ヘアケアの王道といえばトリートメント。髪の保湿には重要なものです。

とくに髪がパサパサな人の場合、髪の毛が乾燥しているわけですから髪の中まできれいにしてくれるトリートメントは、とくに重要になります。

その中でもおすすめのトリートメントと、その成分などを紹介します。

パサパサで広がる人はアウトバスタイプ必須

今流行っているアウトバスタイプのトリートメントは、お風呂から出たときに使うトリートメントのことです。

洗い流さないタイプなので髪の毛に保湿成分が残りやすく、パサパサした髪には相性がいいトリートメントです。

オイル状とクリーム状がありますがクリームタイプがおすすめ。中まで浸透いやすいのでパサパサな髪の保湿にむいています

保湿力が強いハチミツとCMC

トリートメントもなるべく自然由来のものを選びましょう。比較的保湿力が強いハチミツが配合されているものがおすすめです。

さらに髪の毛に重要なCMCが入っていると、トリートメントの保湿力が上がります。CMCとは細胞膜複合体という髪の毛には必要なものなんです

髪の毛の中まで成分が入りやすいように、通り道を作ってくれる効果もあります。さらにキューティクルの接着剤にもなるので、パサパサの髪との相性が抜群です。

髪がパサパサの人にオススメのインバスタイプトリートメント

自然由来のハチミツとCMC両方配合されているインバスタイプのトリートメント。ハチミツとメドウフォーム油による膜による保湿だけでなく、CMCで補修をしてくれるので、中まで潤いが出ます。

パサパサの髪には必要なことが、すべてそろっているトリートメントなのでおすすめ。あまり重くなりすぎないので、今風の自然な髪に仕上がります。

髪がパサパサの人にオススメのアウトバストリートメント


保湿力が高いアウトバスタイプのトリートメントを使うと、パサパサの髪をきれいにおさえられます。

とくにこのトリートメントはCMADKが配合されており、アミノ酸の一種。保湿だけでなく内部まで保湿してくれます。

クリームタイプなのでさらに保湿されやすく、重くなりすぎないのが特徴。パサパサの髪の人にはおすすめです。モイスチュアリピッドの保湿力です。

髪の毛がパサパサな時にとるとよい栄養はこれ

髪の毛がパサパサになるのは、体の中が原因の時もあります。今から紹介するものをとると、パサパサを解消することも可能です。

日常的に摂取できれば大きな変化となるので、積極的に取り入れましょう。

血行促進効果で体調をよくする:ショウガ

体の中で栄養を運んでくれているのは血液。血行が悪くなると髪の毛にも大きな影響が出てきます。

何を食べても髪の毛まで栄養が届かなければ意味がありせん。そこで血行をよくすることで有名なショウガを取り入れましょう。

頭まで栄養が届くので、髪の毛のパサパサも解消しやすくなります。

髪の主成分はたんぱく質

アミノ酸がいいと紹介してきましたが、髪の毛がたんぱく質でできているから。たんぱく質が分解されてアミノ酸になります。

とくに髪の毛に効果的なたんぱく質が含まれる食べものは大豆。イソフラボンといわれる、女性ホルモンの代わりをしてくれる成分が入っています。積極的に摂取しましょう。

アンチエイジング効果で髪も補修してくれるビタミンE

アンチエイジングとは若返りという意味。ビタミンEには髪の毛以外にも若返りの効果があります。体が若返ると代謝がアップすることで血行がよくなり、ビタミンEは髪の毛にもいいわけです。

ビタミンEが入っているのは食べものだけでなく、オイルにも含まれているので摂取しやすいのが特徴。オリーブオイルやコーン油などが多く含まれているので使ってみましょう。

美髪 委員会

元美容師や美容師など髪の毛の専門家集団です